Fia Manga Chapter 10

Text below.

Page 001

Fia Manga Chapter 10 Page 001

Page 002

Fia Manga Chapter 10 Page 002

Page 003

Fia Manga Chapter 10 Page 003

Page 004

Fia Manga Chapter 10 Page 004

Page 005

Fia Manga Chapter 10 Page 005

Page 006

Fia Manga Chapter 10 Page 006

Page 007

Fia Manga Chapter 10 Page 007

Page 008

Fia Manga Chapter 10 Page 008

Page 009

Fia Manga Chapter 10 Page 009

Page 010

Fia Manga Chapter 10 Page 010

Page 011

Fia Manga Chapter 10 Page 011

Page 012

Fia Manga Chapter 10 Page 012

Page 013

Fia Manga Chapter 10 Page 013

Page 014

Fia Manga Chapter 10 Page 014

Page 015

Fia Manga Chapter 10 Page 015

Page 016

Fia Manga Chapter 10 Page 016

Page 017

Fia Manga Chapter 10 Page 017

Page 018

Fia Manga Chapter 10 Page 018

Page 019

Fia Manga Chapter 10 Page 019

Page 020

Fia Manga Chapter 10 Page 020

Page 021

Fia Manga Chapter 10 Page 021

Page 022

Fia Manga Chapter 10 Page 022

Page 023

Fia Manga Chapter 10 Page 023

Page 024

Fia Manga Chapter 10 Page 024

Page 025

Fia Manga Chapter 10 Page 025

Page 026

Fia Manga Chapter 10 Page 026

Page 027

Fia Manga Chapter 10 Page 027

Page 028

Fia Manga Chapter 10 Page 028

Page 029

Fia Manga Chapter 10 Page 029

Page 030

Fia Manga Chapter 10 Page 030

Page 031

Fia Manga Chapter 10 Page 031

Page 032

Fia Manga Chapter 10 Page 032

Page 033

Fia Manga Chapter 10 Page 033

Page 034

Fia Manga Chapter 10 Page 034

Page 035

Fia Manga Chapter 10 Page 035

Page 036

Fia Manga Chapter 10 Page 036

Page 037

Fia Manga Chapter 10 Page 037

Page 038

Fia Manga Chapter 10 Page 038

Page 001

シャーロット!
Charlotte!

ごめんなさい 待たせて しまったわね!
I’m sorry for making you wait!

ううん フィーアは 絶対に来てくれるって 分かっていたから
No, I knew that Fia would definitely come.

待ち合わせって 楽しいね
It’s fun to meet you again.

ちょ 何この 可愛らしい台詞は
What is this cute creature?

泉から回復薬を 汲んできてくれたのね ありがとう
Ara. You got the healing medicine from the fountain. Thank you.

えへへ
Ehehe.

よーし, もっと 喜ばせちゃお
Alright, I will make her happier.

…そうだ。 シャーロット
…That’s right. Charlotte

Page 002

こんにちは。 僕 ザビ…
Good morning. I’m Zabi… Ah…

アルファベットで 呼ぶのはいかがでしょうか
How about calling in the alphabet instead?

名前を直接 呼ばないほうがいいんだっけ…
It’s better not to call the name directly, isn’t it…

ザビリンリンリンゴスキーだよ!
Zabi-Rinrin-Ringo-Suki! (Monotone)

僕は幸せの青い鳥だから 出会ったら幸せになれるよ
I’m a happy blue dove so I’m happy to meet you

ほら ハッピーオ
Look, “Happi-o”

あ あれ 不発…?
喜ぶと 思ったん だけど
Eh? A misfire…?
I thought she would be happy.

えーっと…。
Uhm…

Page 003

従魔舎に 行こっか!
Let’s go to the Servant’s stable!

うんうん
みんな元気そうね
Yup, yup, everyone looks fine.

フィ フィーア
Fi… Fia.

魔物の怪我が 治ってる…
The servants’ injury has been healed …

ん? 回復薬をあげてるから 治るのは当然よね?
Hm? We feed them with healing medicine, it’s normal for them to be healed, right?

Page 004

ちっとも 当然じゃない!
It’s not normal at all!

こんな こんなに早く 治らないわ…
They can’t be healed so quickly…

フィーア あの泉の…
この緑の水は 本当に 回復薬なの…?
Fia, that fountain…
Is that green water really healing medicine…?

…ええ そうよ
Yes, that’s right.

シャーロット!
Charlotte!

Amazing…

Page 005

この回復薬 すごい…
This recovery medicine is amazing …

誰も苦しまないし、 怪我がすぐ治る…
No one suffers and the injury heals soon …

私は こんな回復薬が ずっとずっと 欲しかった…。
I’ve always wanted such a recovery medicine…

…じゃあ私が一 第一騎士団に戻った後は シャーロットがみんなに 緑の回復薬について 教えてあげてね!
… Then, after I return to the First Knight Order, Charlotte will tell everyone about the green healing pills, okay?

フィーア いなくなっちゃうの?
Will Fia go away?

元の所属に戻るだけよ
I’m just going back to my original place.

同じ王城内にいるから 会おうと思えば いつだって会えるからね
We are still in the same Royal castle, so we can always if we want.

Page 006

それと お願いがあるの シャーロット
And I have a request for Charlotte

緑の回復薬の泉だけど 常に新しい水が流れてるから 何もしないと回復薬が 薄まっていくの
It’s that fountain of green recovery medicine. New water is constantly flowing, so if we do nothing, the recovery medicine will dilute and lost its effect.

だから練習も兼ねて 泉に回復魔法を流してくれない?
So can you cast recovery magic on that fountain as a practice?

量はこの前一緒に 練習をしたくらいで いいから
You just need to cast nearly the same amount we practice together the other day

どうかな?
How’s that?

フィーアは
Fia

…聖女様なの?
…are you a Saintess?

Page 007

Eh?

ときどき 上位の聖女様から ご指導をいただくの一
Sometimes, I also get guidance from a higher-ranking saintess

手を握って回復魔法の 流し方を教えて くださるんだけど 私はよくわからなくて
She held my hand and taught me how to cast recovery magic, but I wasn’t understanding well.

だけどこの前 フィーアが手を握って 教えてくれたらあんなふうに…
But when Fia held my hands and told me, I could felt it for the first time…

泉を全部 緑の回復薬に 変えてしまうなんて
I have turned the whole fountain into green healing medicine.

フィーアは とても強力な聖女様だわ
Fia is a very powerful Saintess.

あ! … シャーロット…
Ah! … Charlotte …

…ねぇフィーア 教会には伝説の大聖女様の 肖像画が飾られているの
真紅の髪に金色の瞳 あなたと同じ色よ
…Um, Fia. The Church is decorated with a portrait of the legendary Great Saintess.
Crimson hair and golden eyes, the same to you

きっとあなたが聖女様だと わかったら崇め奉られるわ
I’m sure you will be worshiped if people know you are a saintess.

あーいや それはさすがに 困るな…
Ah, that would be a problem …

Page 008

…私は、 フィーアの味方よ
…I’m Fia’s ally.

フィーアの 望まないことは やらないわ
I won’t do what Fia doesn’t want.

私に正しい力を 導いてくれたフィーアの言動は 聖女そのものだわ
でも聖女様であることを隠すのには 理由があると思うの
It’s all thanks to Fia that I could use my Saintess’ power properly.
But there must be a reason that you hide it

だから 私は誰にも 何も言わない
That’s why I won’t say anything.

シャーロット…
Charlotte …

この回復薬だって 知られたらきっと 大変なことになる だからここにいる一 魔物専用にしておくわ
It would be a big deal if this recovery medicine was known, so I’ll keep it for the one monster here.

…私はずっと聖女としての 力が欲しいって みんなを 救いたいって思ってた
… I’ve always wanted to use the power of a saintess to save everyone.

だから お礼を言わせて フィーア
So, I’m really grateful to you.

Page 009

私を 聖女にしてくれて ありがとう
Thank you for making me a saintess.

…どういたしまして シャーロット
… you are welcome, Charlotte.

立派な聖女になれて おめでとう
Congratulations on becoming a fine saintess.

私の思いを 尊重してくれて ありがとう。
And Thank you for respecting my thoughts.

…賢明だね小さな聖女
…Wise choice, little saintess.

もしフィーアが 望まないことを やろうとしたら
If you do something that Fia doesn’t want…

Page 010

僕が相手をするところだったよ
I would have dealt with you already.

おわ フィ フィーア様!
Owa, Fia-sama!

クェンティン団長!
先ほどぶりですね
Ara. Captain Quentin! Nice to see you again.

えええ 奇遇ですね…
Yes, fancy meet you here…

どちらに ご用事ですか?
Where are you going, Captain?

Page 011

あ、ああ、しばらくまともな食事をしていなかったので、腹がすきましてね。
食堂まで……
Ah, right. I haven’t had a decent meal for a while, so I’m hungry.
I’m going to the cafeteria …

ああやっぱり、 空腹で機嫌が 悪かったのね
Ah, I was right, he was hungry and in a bad mood before.

偶然ですね!
Just the right time!

私もちょうど 従魔舎から帰ったところで 今からお昼なんです
I just returned from the Servant stable and was about to have lunch now.

ご一緒しても よろしいですか?
Would you like to join me?
*menaced*

ご ご一緒?
Together!?

こ、虎穴に入らずんば虎子を得ずとは言うが、……いや、そもそも、このお方は虎の子なのか? 竜?
It was said that “if you don’t enter the Tiger den, you can’t catch a Tiger child”… No, is this person a tiger child in the first place? A dragon child?

いや、黒竜を使役しているから、竜を超えているよな。
ああ、というか、オレにはそもそも断ると言う選択肢を与えられていないのだった…
No, she is the master of the Black Dragon. A mere Dragon is pale in comparison. Or rather, I wasn’t given the option to decline in the first place …

Page 012

もちろんです。 フィーア様
It would be an honor, Fia-sama.

美味しそう
Looks delicious

すみません。 お待たせ いたしました
Sorry to keep you waiting.

Page 013

あれ?
水だけですか?
Eh?
Do you only have water?

先ほど空腹だって 言ってましたよね?
You said you were hungry earlier, didn’t you?

はは 実は今 結構な緊張状態でして 食事が喉を通らないのですよ
Haha, I’m really nervous right now, and I’m ashamed to say that I can’t stomach anything.

ああ クェンティン団長は 長期の遠征から 戻ったばかりで緊張状態が まだ解けないのですね!
Ah, Captain Quentin has just returned from a long expedition and is still in a tense state!

はははは…
…はああ
Hahahaha…
Ha-aa.

なんだかクェンティン団長の 言動を理解するには 時間がかかりそうだわ
Sometimes it’s hard to understand what Captain Quentin said and did.

Page 014

それは 従魔の証 ですか?
Is that a proof of servant?

はい?
Yes?

これですか? 見慣れたもの でしょう?
Isn’t this something you are familiar with?

これは…!
This is…!

すごい!
こんな見事な従魔の証は 初めて見ました!
Magnificent! I’ve never seen such a wonderful proof of servant before!

完全な一本の線になっていて まったく途切れが、 ないなんて!
It’s a complete line with no breaks at all!

Page 015

見てください!
オレの従魔の証です!
Please look! This is my servant’s proof.

80名の騎士でAランクの魔物を取り囲み、従魔にした時のものです
I got this from a raid of 80 knights against an A-rank monster to make him my servant.

私のと ぜんぜん違う。
Amazing, it’s completely different from mine.

…はは
…Haha.

Aランクの魔物を一 調伏させるのだから これくらい 当たり前だと 思ってましたが、
I thought that would be normal against the A-rank monster and was proud of it.

あなたの証を見たら もう阿呆らしくなって きました…
But when I looked at your proof, I felt stupid…

たった1周 たった1ミリ…
Only one lap, only one millimeter …

完全調伏だ
It’s complete obedience.

Page 016

教えてください!
ここまで 完全なる証の場合 従魔はどれだけ 同調するのかを!
話せる部分だけで いいですから!
Please tell me!
In which case you can make such perfect proof and how great your servant will be in sync with you?
You only need to tell me the part that you can speak!

…ああ なるほど
…Ah, I see.

クェンティン団長は 魔物のこととなると一 知りたい気持ちが一 溢れてくるのね
私も回復魔法のことに なるとこんな感じに なるもの
わかるわ
When it comes to monsters, Captain Quentin has a lot of desire to know.
When it comes to recovery magic, I also look like this
I understand this feeling.

えっと この子を 従魔にできたのは 偶然で
この子が怪我をして 死にかけていたので 回復薬で治したんです
そしたら 従魔になることを 提案してくれて 契約まで執り行って くれたんです
Well, it was a coincidence that I was able to make this child my servant.
This child was injured and dying, so I cured him with recovery medicine.
Then he suggested to become my servant and even made a contract.

Page 017

なんと
幼生体とはいえ一 こく…
自己治癒能力が 最大限に高い
あなたの従魔様が 死にかける程の 大怪我を?
What’s the…
Even if he was still a larva, he is still…
Did you say your servant had a mortal injury even with his maximum self-healing ability?

しかもそれを、 治した?
駄目だ オレの常識では 何一つ理解できない
Moreover, you healed him?
Not good, I can’t comprehend anything with my common sense.

それで 同調具合は どうなんですか?
Then, what’s about your sync?

どんなに離れていても 呼べば来ます
言うことは 全部聞いてくれますし 言わないことも。
考えを読んだように 行動してくれますね。
It seems like no matter how away he is, I can always call him.
He will listen to everything I say or even just thinking.

そうか!
空間を裂いて星降の森に 現れたっていうのは あなたが呼んだのか!
I see!
Did you call him and he split the space to appear in the Star Fall Forest before?

しかし 同調内容は、 不明だな…。
However, the content of the synchronization is unknown …

…フィーア様
よければ従魔様に一 直接質問しても.
よろしいでしょうか?
…Fia-sama.
If you don’t mind, may I speak to your servant directly?

Page 018

え? ああ 聞いてみますね
Eh? I will ask him.
(Zabiria)


出てきて くれましたよ
Ah, he came out.

Page 019

従魔様は鳴管を痛められているので、鳴き声がくずれて人語みたいになるんでしたよね。パティから聞いています。
O great servant, your syrinx seemed to be broken and your voice became like human language. Or it must have been my imagination.

ぜひ、くずれた鳴き声でお話しください!
So please don’t mind me when you speak using that voice!


…なんかコレ、バレてないか?
Hm…?
…Isn’t something wrong here?

もしかして、 クェンティン団長って ザビリアの正体に 気付いてる?
Did Captain Quentin realize the true identity of Zabiria?

そういえば 空間を裂いて現れたとか 幼生体とか 黒竜関連の ワードが出てきたし
Speaking of which, he told words related to larvae and black dragons appeared by splitting the space.

気付いてるとしたら 私はどうするのが いいのかしら?
What should I do if he is aware of it?

団長は 黙ったままだし…
Captain still remains silent…

あ, そうだわ
Ah, That’s right

Page 020

これだけ仄めかしながらも黒竜ってことを特定してこないのは、明確にしない方が良いってことじゃないのかしら。
I think it would be better not to clarify that my servant is the black dragon even though it’s alluded to.

黒竜って互いに認めてしまうと、どちらも身動きが取れなくなるし。
If I admit that my servant is the Black Dragon, both of us will get stuck.

知っているという立場を明確にすることで、報告義務は発生するし
By clarifying that I know of it will make me guilty for not reporting.

黒ぽい竜っぽい何か
NOT黒竜
I will just say that he looks just like a black dragon.
But not the Black Dragon.

なるほどですね クェンティン団長!
I see it now, Captain Quentin!

方針に従って 聞かれないことは、 認めないことに します!
If I’m not admitting it, I won’t be held liable

この子が答えたいと思ったなら、好きに話すと思いますよ。
聞きたいことがあれば、どうぞお聞きください
If this kid wants to answer, he will talk to you as he likes.
If you have any questions, please ask.

どんなに 黒に近いとしても グレーは黒では ないのです!
Gray is not black, no matter how close it is to black!

Page 021

…僕に何を 聞きたいの?
… what do you want to ask me?

ははい
Ye-es.

まずは従魔様のお声を お聞かせいただきまして 恐悦至極に存じます
First of all, I’m sorry for the trouble but I would like to hear the voice of the almighty servant directly…

その声はまるで 天上の天使が吹く ラッパの真ん中
The voice like a trumpet blown by a heavenly angel…

うん ぜんぜん 何が言いたいか 分からないから
本題に 入ってもらえる?
I don’t feel like talking to anyone other than Fia.
Spare me the trouble, get into the main subject.

失礼しました!
My apologies!

では 従魔様とフィーア様の ご関係をお聞きしても よろしいでしょうか
Then, may I ask you about the relationship between you and Fia-sama?

フィーアとの 仲なら熱々だよ あんたが言うところの 完全調伏だからね
My relationship with Fia is an absolute obedience contract just like you say.

例えば 生命力と魔力なら 完全に繋がってる
For example, my vitality (HP) and magical power (MP) are completely connected to her.

僕からフィーアへの 一方通行だけど フィーアの生命力と魔力が 減ってきたら僕から 流れるようになっている.
It’s one-way from me to Fia.
When Fia’s vitality and magical power decrease, it will be restored with mine.

(T.N: A healer and buffer with HP and MP of a world boss)

Page 022

だから、僕が死なない限りフィーアは死なないし、僕が魔力切れを起こさない限りフィーアは魔力切れを起こさない。
So, unless I die, Fia will never die. And unless I run out of magic, Fia won’t run out of magic.

僕は、死ぬ瞬間までフィーアといられるんだよ
I can always be called by Fia until the moment I die.

ぶふ―――っ!
Bufu—-!

い、いや、クェンティン団長、
Uwa, Captain Quentin

フィーア様、お心遣いを無にするようで申し訳ありませんが、私のことは放置しておいてください。
Fia-sama, I’m grateful for your consideration but it’s okay.

それよりも、
従魔様、なんと素晴らしい話でしょうか!
そんなことが可能なのですか?
Rather than that.
What a wonderful story, O mighty servant!
Is that possible?

一方通行ということは、フィーア様から従魔様には生命力も魔力も流れないということなのですか?
Does one-way mean that neither vitality nor magical power will flow from Fia to you?

意図しなければね。
Unless she will it.

はあ…
そんなの初耳だった
Haa… this is the first time I hear this.

Page 023

…逆にフィーアからは、フィーアの行動や思考、感情が流れてくる。
どんなに離れていてもね。
…On the contrary, Fia’s actions, thoughts, and emotions will flow to me no matter how far away she is.

ぶふ―――っ!
Bufu—-!

主の置かれている立場や、主が周りに向ける感情を把握しておくことは、僕の立ち回りを決定するのに必要だから
Knowing the position of My Lord and her emotions is necessary to determine my action.

なるほど
I see

い、いや、クェンティン団長、
ほ、本当に、すみません!
No, no, Captain Quentin,
I’m really sorry!

フィーア様、大事なところですので放置ください。
Fia-sama, this is a really important talk, so this much is just water under the bridge.

しかし、にわかには信じがたい話ですな。
However, it’s hard to believe.

離れていても、契約主がどのような行動をしているのか、その時どのようなことを考えているのか、
そして相対する相手に向ける感情など、全てを把握できるということですか?
Knowing what your master is doing and thinking even if you are far away.
Do you mean that you can grasp everything, such as the emotions she has toward other people?

Page 024

いや、逆に聞きたいけど、
それもやらないで、どうやって
主の気持ちを忖度できるのさ。主に聞くの?
No, actually I want to hear that.
But I can’t do that. I can mostly listen to my Lord’s feelings and decide on my action.

『今、生意気な口を聞いたこのギディオンって男、
ブチ殺す?
それとも、プチ殺す?』とかって?
“Now, this Gideon man has such a cheeky mouth.
Should I kill him? Or rather, should I crush him”, something like that.

ギ、ギ、ギディオンですか?
は、は、偶然、うちにも同じ名前の副団長がおりますが
Gi, Gi, Gideon, right?
Haha, by chance, we also have a deputy leader with the same name.

あんた、馬鹿じゃないんだから分かっているんでしょ。
そのくそったれ副団長の話をしているんだよ
I see you aren’t stupid.
I’m talking about that damn deputy leader.

誠に申し訳ありません!
I have no excuse!

フィーア様に生意気な口を聞いたとのこと、心から謝罪いたします!!
I sincerely apologize that Fia-san heard uncomfortable things from that cheeky man!!

Page 025

頭をあげてください!
Hey hey, please raise your head!

みんな見てますから!
Everyone is watching!

こんなところにいたのか、クェンティン。行くぞ
Oh, and I wonder where have you been. Let’s go, Quentin.

あ、あ? ああ、そうだ、騎士団の御前会議だったな
Ah? Ah, yes, it’s Captain Knight’s Imperial Conference.

Ah

Hm?

Page 026

フィーアじゃないか。お前、何をやっているんだ?
Isn’t that Fia? What are you doing?

…こんにちは、デズモンド第二騎士団長。
お久しぶりです
…Hello, second Knight Order Captain Desmond.
Long time no see.

クェンティン団長と昼食を…
I have lunch with Captain Quentin …

フィーア様
Ah, uhm, Fia-sama.

もし、お時間が許されるようであれば、私に同行していただけないでしょうか?
If you don’t have any problem with it, would you please accompany me?

は?
Ha?

はい? 私でよければ
Yes? I will be intruding then.

Thank you very much

Ku-u

Page 027

またフィーアが関わってやがる…
とりあえず急ぐぞ
Fia involved again…
Anyway, we should hurry.

Page 028

Wa…

クェンティン、
お前にしてはぎりぎりじゃないか
Quentin, so you aren’t alone.

Hm?

Page 029

フィーアじゃないか!
相変わらず、元気そうだな?
Ain’t it Fia?
Don’t you look fine as usual?

ええと
Uhm…

どこかで会ったかしら
I wonder where did I meet him.

Ah

Page 030

こんにちは、ザカリー第六騎士団長。
Good day, Six Knight Order Captain Zakaria.

はい、元気ですよ
Yes. I’m fine.

ははは、この前みたいにザカリーと呼び捨てないのか?
Hahaha, why are you so distant now? Just call me Zakaria like before.

Eh!?

誰と勘違いされているの?!
Who was he mistaken me for?!

話したこともないんだけど
I have never talked to him before.

Didn’t remember anything.

フィーア
Fia

Page 031

総長の個人エロ情報を共有する仲だ。
お前なら、オレを呼び捨てても許すぞ
We are buddies who share the personal erotic information of the Commander.
I won’t forgive you if you forget about me.

なんですかその頭の悪そうな単語は!
What’s with that crazy name?!

But what happened to you, Quentin?
Pouring water on your head?

Page 032

これか?
フィーア様から、口に含んだ水を吹きかけられた
This?
Fia-sama sprayed the water in her mouth on me.

フィーア! お前はそんな趣味があったのか?!
Fia! Did you have such a hobby?!

ありません!
Of course not!

クェンティン団長
あれは不可抗力でしょう?
食事をしていた際に たまたま喉が詰まって 水を吹き出したんだった でしょ?
というかなんで 拭かないんですか?
Hey, Captain Quentin, that was force majeure, right?
When we were eating, I happened to be surprised and spewed water, right.
Or rather, why didn’t you wipe it?

は?
お前フィーアと 食事したのか?
Ha? Did you have lunch with Fia?

たとえ部下だろうが 女性とは食事を一 一緒にしないんじゃ なかったか?
But as far as I remember, you never have a meal with a woman before, not even with your subordinate.

何そのクェンティン団長専用ルール
Eh!?
Is this a Captain-Quentin-only Rule!

…フィーア様から 誘われたんだ
オレに断る 権利はない
… I was invited by Fia-sama.
I have no right to refuse.

Page 033

しかし ご一緒できて 本当によかった
あんな時間を持てるなら 何を犠牲にしても本望だ
But it was really nice to be with her.
I have never known that I can have that kind of bliss time

フィーア様の左腕を 好きなだけ触らせて もらえたし.
水を吹きかけられたときだって 大事な瞬間だったから 目を覚ましていただいたことに
I was allowed to touch Fia-sama’s left wrist as much as I wanted.
And when I was lost myself in that important moment of my life, I was sprayed with water, so I was awakened.

や、もう、ホント、いい加減にしてください!
クェンティン団長、あなたの言葉選びのセンスは最低です!
Geez, enough already!
Captain Quentin, your sense of word selection is the worst!

どうやったら、ここまで酷い話に持っていけるんですか!
How could you make it into such a terrible story?!

フィ、フィーア様、怒らないでください!
心から謝罪しますから!
Fia-sama, please don’t get angry!
I sincerely apologize!

だから、 その言葉のセレクトが 最悪なんですよ!
That’s why I said your selection of that word is the worst!

Page 034

これ以上口を開かないでください!
Please don’t open your mouth anymore!

相変わらず 楽しそうだな フィーア
It looks like you have fun Fia.

騒がしいと思うと 必ずお前がいる。
Whenever things become noisy, you are already there.

サヴィス総長~!
Commander Saviz!

Page 035

聞いてください!
たまたま予定が合ったので クェンティン団長と 昼食をご一緒したんです
Please listen!
It happened that our schedule was the same, so I had lunch with Captain Quentin.

それだけなのに クェンティン団長が その話をすると団長と私は 変態の一味みたいな話に なるんです!
That was all. But when Captain Quentin talks about it, he and I become like a metamorphosis gang!

このままでは、 勘違いされてしまいます!
どうにかしてください!
At this rate, we will be misunderstood!
Please do something about it!

…お前が関わると 有能な騎士たちが一 揃って不審な行動を一 取り出すことは一 承知している。
… I know that whenever you get involved, all the talented knights will have some suspicious behavior.

初めての 刺激への反応 なのだろう
Probably the first reaction to the stimulus.

Page 036

まぁ クェンティンも 疲れてるだけだろうし
しばらくすれば 元に戻るだろう
Well, Quentin was just tired after a long expedition.
He will return to normal after a while.

ありがとうございます サヴィス総長!
Thank you very much Commander Saviz!

聞きましたね 皆さん!
クェンティン団長の 奇行は疲れに一 よるものですよ!
You heard the Commander, everyone?
The eccentricity of Captain Quentin is due to tiredness!

あなたが納得する形で 話がついたようですね
でしたらこちらにいらっしゃい
It seems that you’ve talked in a way that makes sense.
Anyway, welcome here.

シリル団長
Captain Cyril.

Page 037

御前会議には、
部下を一人二人同行させるものですが、
今回私は一人でしてね。
あなたは第一騎士団所属ですから、こちらへどうぞ
Normally, I would have two subordinates accompany me in the Imperial Conference, but this time I went alone.
Fia, you belong to the First Knight Order, so come here.

はい
Yes.

何を言って いるんだ, シリル
What are you talking about, Cyril?

フィーア様はオレが 連れてきたんだ
I’m the one who invited Fia-sama.

そして現在進行形で 当団の業務をして いただいている
And right now, she is helping my Knight Order.

オレと一緒に いるのが筋だろう
I think it’s a good idea for her to be with me.

Page 038

微笑んでいるのに不愉快さを伝えてくるなんて、すごい高等テクニックです!
What a great advanced technique to convey discomfort while smiling!

はは, どちらについても 角が立ちそうだから
オレのところに来い フィーア!
Haha, it seems like would be hard for you in both cases.
Then why don’t you come to my side, Fia?

…あ あれ?
…Ah, eh?

また新たな騒動に 巻き込まれてる気が一 するんですけど…?
I feel like I’m involved in a new riot again …?

さて フィーア
Fu…
Well then, Fia.

Page 039

お前はどこに行きたい?
Where do you want to go?

…いい質問です、総長。
… Good question, commander

…帰りたいです。
… I want to go home.

11 comments

  1. “What a great advanced technique to convey discomfort while smiling” x’D
    Thanks for the great work as always !
    Been a while , gotta catch up to all chapters that came out ~

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s